野菜人気

食物繊維が豊富で香りと旨味が特徴のまいたけを使った料理の作り方

更新日:

まいたけが持つ独特の香りと食感、旨味はどのように調理をしても美味しく頂くことが出来ます。

今現在は栽培技術の発展によって、スーパーなどで販売されていますから、誰でも簡単に入手可能です。

しかし、山中に自生している天然のまいたけは希少価値が高く、入手が困難なことから幻のキノコとも呼ばれています。

まいたけの基本情報

まいたけはトンビマイタケ科というキノコの仲間で、世界各地の暖かい地域のナラ、カシ、シイなどの樹木で自生しています。

栽培物のまいたけは、年間通して流通していますが、天然物のまいたけは秋に旬を迎えますが、非常に高価な食材です。

まいたけの栄養素

まいたけは古くから漢方薬にも使われるほど、多くの栄養素を持っており、体にも良い影響を与えます。

まいたけに含まれている栄養素は、タンパク質、カリウム、ビタミン類、食物繊維、亜鉛などで、近年では健康食品にも利用されるほどです。

まいたけの健康効果

栄養素が豊富なため、まいたけを食べることで私たちの体に多くの健康効果を与えるので、非常に優れた食材だと言えます。

病気に対する免疫力アップ、また血圧や血糖値を下げることから、心筋梗塞や脳梗塞など生活習慣病の予防に役立っているのです。

近年では、がん予防にも効果があると注目されていますから、健康的な食生活を送るためにはまいたけが欠かせません。

まいたけの取り扱いには注意が必要

基本的にほとんどのキノコ類は生食出来ませんが、もちろんまいたけも生の状態で食べることが出来ません。

誤って生で食べてしまうと、食中毒を起こしてしまうので、調理時には必ず加熱してください。

また、キノコ類のアレルギーによって、アナフィラキシーショックを起こす危険があることも頭に入れておきましょう。

まいたけを使った料理

まいたけが持つ香り、旨味はどのような料理に使っても損なわれることはなく、肉や野菜との相性も抜群です。

1年通して食べることが出来ますから、炒め物、天ぷら、焼き物、冬は鍋物に入れると良い出汁が出てさらに美味しくなります。

まいたけのマイタケプロアテーゼとは

まいたけは色々な料理に使えるものの、茶碗蒸しの具材として使用する時には注意が必要です。

茶碗蒸しは、茶碗の中に海老や銀杏などの具材、溶き卵が入った出し汁を入れ、蒸して固めて頂きます。

この中にまいたけを生の状態で入れると、出し汁が固まらなくなるので注意が必要です。

まいたけには、マイタケプロアテーゼという酵素が含まれており、卵が固まるのを阻害してしまいますから、失敗する原因になります。

茶碗蒸しの中に、どうしてもまいたけを入れたいという時には、この酵素の活動を弱めなければいけません。

そこで、茶碗に入れる前にまいたけを加熱しておけば、茶碗蒸しにも使うことが出来ます。

まいたけの下ごしらえ

まいたけを料理に使用する時には、特に下ごしらえはいらず、食べやすい大きさに切るだけなので便利です。

まいたけに限らず、キノコ類全般に言えることですが、調理の前に水洗いをしてはいけません。

せっかく豊富な栄養素を含んでいるのに、水で洗ってしまうと、栄養素までも流されてしまいます。

水を吸い込むと、食感が損なわれてしまうので、そのままの状態で調理しましょう。

 

誰でも簡単に作れるまいたけを使った料理

まいたけを使った料理のレシピは豊富にありますが、その中でも簡単に作れる料理をピックアップしてご紹介します。

晩御飯のおかずや、お酒のおつまみに参考にしてください。

焼きまいたけ

調理方法は至って簡単で、オリーブオイルをまいたけにかけて、焼くだけのシンプルなものです。

材料はまいたけ1パック、オリーブオイルが小さじ2杯、ポン酢少々、すだちかレモンがあればさらに美味しく頂けます。

作り方

  1. まいたけを食べやすい大きさに切り、ボウルに入れてオリーブオイルをかけて良く馴染ませてください。
  2. ガスコンロのグリルにアルミホイル敷いて、その上にまいたけを並べ、強火で焼きます。
  3. 両面焼きの場合で3分程度、片面焼きではまいたけを返しながら5分程度焼いてください。
  4. まいたけを器に盛り付け、好みによってポン酢を少々かけ、さらにすだちやレモンを搾ると爽やかな味が楽しめます。

まいたけのガーリック醤油炒め

まいたけは炒め物としても美味しく頂けますし、家庭にある調味料で簡単な料理が作れます。

材料はまいたけ1パック、白ねぎ10㎝程度、にんにく1片、鷹の爪の輪切り少々、醤油小さじ1杯、塩とブラックペッパーをひとつまみ程度、バター15gです。

作り方

  1. にんにくは薄切りにし、白ねぎを細目に斜め切りします。
  2. まいたけは食べやすい大きさに切ります。(手で裂いても構いません。)
  3. 加熱したフライパンに、バター、鷹の爪、にんにくを入れます。
  4. にんにくの香りがする程度に温まったところで、白ねぎとまいたけを入れて炒めます。
  5. まいたけがしんなりしたら、醤油、塩、ブラックペッパーを加えて軽く炒め、器に盛り付けましょう。

サクッとまいたけの天ぷら

サクサクとした食感と、まいたけが持つ本来の香りがたまらない一品です。

材料はまいたけ1パックと、市販の天ぷら粉だけなので経済的で、美味しく作れます。

作り方

天ぷらの衣作りは、冷たい水を使うことと混ぜすぎないことがポイントです。

これさえ守れば、お店で出される本格的な天ぷらが作れます。

  1. 分量は使用する天ぷら粉に記載通りにし、水と粉を馴染ませるように軽く混ぜてください。
  2. 強く混ぜてしまうと、仕上がりが団子のようになってしまい、サクサク感が出せません。(混ぜたら、冷蔵庫で保管しましょう。)
  3. 2.まいたけを食べやすい大きさに切り、小麦粉または天ぷら粉を全体にまぶします。
  4. 衣の剥がれを防ぐ効果があり、薄く軽く全体に打つことがポイントです。
  5. 3.油を170~180℃に加熱しておき、衣を付けたまいたけをきつね色になるまで揚げます。

揚がったら油をしっかりと切ってから、器に盛り付けましょう。(油切りが悪いとベトベトになるので要注意です。)

天つゆでも美味しく頂けますが、シンプルに塩を軽く付けてもまいたけの風味と旨味を味わえます。

-野菜人気

Copyright© 野菜.biz , 2020 All Rights Reserved.