野菜人気

野菜スープ がん予防に効く食習慣で驚きの効果を

更新日:

抗がん剤の世界的研究者や免疫栄養学の権威がすすめるファイトケミカルのスープを大切な家族のために毎日の食事にプラスしませんか。野菜の成分を煮出して取ることで、驚きの効果を体に摂り入れることができるのです。簡単でおいしいスープを飲むだけでがん抑制、発がん物質の無毒化、がん細胞の増殖を抑え免疫細胞を活性化させます。野菜スープを習慣化することが、積極的ながん予防になるのです。

食と栄養とがん

1982年「食と栄養とがん」というアメリカ国立科学アカデミーが公表したレポートは、脂肪の摂取量が増えるとがんの罹患率が増え、野菜、果物、未精製の穀物の摂取量が増えるとがんの罹患率が低下するという内容でした。

そのレポートをもとに、アメリカ人の意識を大きく変える「デザイナーフーズ計画(植物性食品によるがん予防)」が1990年に発表されたことにより、アメリカ人の野菜の消費量が増えて、増加していたがんの罹患率と死亡率が減少したのです。

がんの予防効果があると約40品目が選ばれ、「フードピラミッド」と呼ばれるリストは、がんの食事療法の基礎とされて現在も広く活用されています。

野菜消費量の減少

日本人の食生活が欧米化したことで、野菜消費量が年々減少してきました。国別の野菜摂取量はアメリカよりも少なくなり、残念ながらそれに伴い、日本人のがん患者数は増え続けています。

健康な生活を長く送るためには、がんの予防、抑制が大きな課題です。日本人のがん罹患率を減らすためには、すっかり変わってしまった食生活の見直しが必要なことは明らかです。

ファイトケミカルに大注目

植物だけが持つ機能性成分とは、香り、色素、渋み・苦み・辛味などのことで、現在わかっているだけでおよそ5千種類、新種の成分が次々と発見されています。

この植物だけが持つ機能性成分はファイトケミカルとよばれ、がんの予防と抑制に効果があると、医師や研究者からの報告が続き、多くの書籍や雑誌の特集、テレビ番組で取り上げられる注目の成分なのです。

これらの野菜に含まれるファイトケミカルは人間には作り出すことができない化学成分です。うまく体に取り込めればビタミンやミネラルをしのぐ作用があるといわれています。

がんの予防効果がある野菜

強力なファイトケミカルを持つフードピラミッドのトップカテゴリーの野菜は、けっして特別な野菜ではなく、ニンニク、キャベツ、ニンジン、セロリ、生姜、タマネギなどの身近な野菜です。

  • 強力な抗酸化力で遺伝子を守り、がんの原因となる活性酸素を無毒化します。大豆(イソフラボン)、タマネギ(ケルセチン)、ニラ(ケンぺロール)、ゴマ(セサミン)、ニンニク(アリシン)、ネギ(イソアリシン)、ニンジン(α-カロテン・β-カロテン)、トマト(リコピン)など
  • 肝臓の解毒酵素を増やして発がん物質を無毒化します。ブロッコリー(スルフォラファン)、キャベツ(ブチルイソチオシアネート・フェニルイソチオシアネート)、ワサビ(アリルイソチオシアネート・ワサビイソチオシアネート)、ニンニク(ジアリルジスルフィド)、セロリ(セダノライド)など
  • がん細胞の増殖を抑えます。大豆(イソフラボン)、タマネギ(ケルセチン)など
  • がん細胞自体にアポトーシス(自殺死)を起こさせてがん細胞が大きくなることを阻止する作用があります。白菜(ジインドリールメタン)、キャベツ(ブチルイソチオシアネート・フェニルイソチオシアネート) 、ワサビ(ワサビイソチオシアネート)、ニンニク(アリシン・ジアリルジスルフィッド・アホエン)など
  • がんに対して免疫細胞を活性化させて、がんを抑える作用があります。ニンニク(アリシン)、椎茸(β-グルカン・レンチナン)、舞茸(グリフォラン)、ニンジン(β-カロテン)など

野菜スープでがん予防

これらの野菜を取ることで免疫機能を整えて、がん治療の効果をあげることが実証されています。
抗がん剤の世界的研究者、前田浩先生は、ファイトケミカルは生野菜で摂るよりスープにしたほうがその効果は100倍も強力で、がんの予防には野菜スープが一番と断言されています。

ハーバード大学でがんと免疫に関する研究をされた免疫栄養学の権威、高橋弘先生が推奨する野菜スープはハーバード大学式野菜スープとも呼ばれ、がんなどの患者さんに通常治療と併用して野菜スープを飲むことで効果を上げています。

2週間野菜スープを続けることで、抗がん剤の副作用などで白血球が減少している患者さんが、平均で白血球143%、好中球170%、単球163%、リンパ球は125%まで増加したという報告がされています。

基本の野菜スープ

高橋先生が推奨される野菜スープは、がん予防に適した成分が含まれる、4種類の野菜で作ることができる簡単なスープです。

  • 作り方
    ・キャベツ、タマネギ、ニンジン、かぼちゃをそれぞれ100g、食べやすい大きさに切って、鍋に入れ、水1リットルを加えて沸騰させる。
    ・火を弱め、ふたをして約20分から30分煮込む。
    ・味付けは不要ですが、好みでコンソメや味噌を加えてください。
    ・多めに作ったら保存容器に小分けして冷凍庫保存ができます。冷凍することで野菜の細胞壁が壊れ、より成分が濃いスープになります。

基本スープを続けるだけで効果は十分得られますが、旬の野菜に変える、体調に合わせた成分を持つ野菜を加えるなどアレンジは自由です。

大切なのは、ファイトケミカルのほとんどが煮汁に溶け込みますので、スープを飲むことです。スープを先に飲んでから具を食べるようにしてください。

食前などの空腹時にスープを1回200 ml、1日400~600 mlを目安にされるといいでしょう。

野菜くずは捨ててはいけない

ファイトケミカルは野菜の皮や、皮と実の間に多く含まれています。たとえばタマネギの皮にはケルセチンが豊富に含まれていますので、捨てずにスープを煮込むときにだしパックなどに入れて一緒に煮出すことをおすすめします。

べジブロスは、野菜を調理したときに出る皮やへたなどの野菜くずだけを集め、水を加えて煮出して作ります。べジブロスを料理の出汁に使えば、むだなく野菜の栄養を取り込めます。臭みが気になる緑の野菜などは、料理酒をひとさじ加えることでくせのない美味しい出汁ができあがります。

がんの患者さんに飲んでほしい

がん患者さんにこそ、がん細胞の増殖を抑え、自死させるファイトケミカルが含まれた野菜を積極的に毎日摂取していただきたいのです。

固形の食べ物を消化することは、食事のあとに眠くなることでわかるように、がん患者さんにとって非常に大きいエネルギーを消費します。少ない負担でたくさんの栄養素を吸収したいがん患者さんにはファイトケミカルスープが最適です。

生野菜ジュースでは、せっかくのファイトケミカルが固い細胞壁に包まれたまま体外に排出されてしまいます。

基本の野菜スープなら、面倒な手間や材料がいりません。冷凍もできますから、多めに作りストックして、食べるときに味付けを工夫してあげることで飽きることなく、作り手の負担も少なく続けやすいのです。

がんにならない食生活

がんを予防したいなら、食習慣を見直すことから始めましょう。栄養たっぷりの野菜スープを習慣にすることは難しいことではありません。ご家族やご自身の体をがんから守るために、野菜のファイトケミカルを意識した食生活にチェンジしてみませんか。

-野菜人気

Copyright© 野菜.biz , 2020 All Rights Reserved.