野菜人気

野菜スティックを美味しそうに見せるには正しい切り方を身に付けよう

更新日:

料理は味付けも大切ですが、いくら味が良くても見た目が良くないと、がっかりするものです。

野菜は好き嫌いが多い食べ物ですから、調理する際にはどうやって美味そうに見せるのかが腕の見せ所になります。

野菜スティックはシンプルな料理ですが、下ごしらえや切り方次第で、野菜本来の美味しさを損なうこともあるのです。

正しい切り方をマスターし、野菜スティックで野菜本来の味を楽しみましょう。

野菜スティックに使う野菜

生で食べられる野菜なら何でも使えますし、茹でて食べられるものをスティック状に切って食べても構いません。

野菜スティックとして利用される、生で食べられる野菜としては、大根、にんじん、セロリ、きゅうり、キャベツがあります。

また、茹でたジャガイモも野菜スティックとして食べるのもおすすめです。

野菜をスティック状に切りさえすれば、野菜スティックになります。

野菜スティックは食べやすい大きさに揃えるのが基本

野菜スティックは、ソースを付けて食べますが、口に入れるものですから、食べやすい大きさ切る必要があります。

また、野菜を切る前には洗う必要がありますが、特に根菜類は土が付いていることが多いので、きれいに洗い流しましょう。

さらには、根菜を生で食べると、泥臭さが気になることもありますから、皮をむくのも忘れないようにしてください。

切った野菜は水にさらす

切った野菜をそのまま食べるのも良いですが、より美味しくするためには下ごしらえが大切です。

野菜を水にさらす理由は2つあります。

水にさらす理由①アク抜き

煮たり炒めたりする場合には、調理している最中に流れ出してしまいますが、サラダや野菜スティックの場合はそうは行きません。

野菜の苦みやえぐみは、本来野菜が外敵から身を守るために発しているものです。

サラダや野菜スティックは、生で食べますから、それらがダイレクトに味覚に表れるので、取り除く必要があります。

野菜スティックの場合、食べやすい大きさに切った後、水にさらしましょう。

しかし、水にさらすには注意点があり、あまり長い時間水にさらすと、野菜の栄養素まで流されてしまいます。

アク抜きのためには、だいたい10分程度さらすといいでしょう。

水にさらす理由②野菜の食感を増す

それともう一つは、野菜が水分を吸収して、シャキッとした食感が楽しめる点が挙げられます。

特に野菜スティックは、新鮮でみずみずしい状態で食べるのが一番美味しいです。

野菜スティック用に切った野菜は、一度冷蔵庫で保管するかと思いますが、冷蔵庫だからと過信してはいけません。

しっかりとラップをかけるなど対策をしなければ、表面が乾燥してしまい、しんなりとした食感になってしまいます。

食べる前に、水にさらしておけば、シャキッとした野菜本来の食感が蘇るので、実践してみましょう。

野菜スティックのための正しい切り方

野菜が苦手な人に対して、どのようにして食べさせようかと考えるものですが、見た目でひきつけるのも大切です。

切り方や、盛り付け方によって、野菜に対する印象が大きく変わりますから、まずは野菜の切り方について学びましょう。

ニンジンの切り方

  1. ニンジンは切る前に、表面をきれいに洗い、ピーラーで皮を向きましょう。
  2. ニンジンを縦に3等分に切り、大きさに応じてさらに縦に3~4等分に切ります。
  3. 縦に切り終えたら、横に切り揃えますが、長さによって2等分~3等分に切ってください。
  4. その後水に10分さらせば完成です。

ニンジンに含まれているカロテンは、水に溶けやすいですから、長い時間水に漬けないよう注意しましょう。

セロリの切り方

  1. セロリの表面には固い筋があるので、ピーラーで取り除きましょう。
  2. セロリをまな板の上に平行に置き、均等になるよう、食べやすい長さに切り分けます。
  3. 茎は葉の方向に向かうにつれて細くなりますから、縦方向の切り方はそれに合わせて2等分~3等分に切りましょう。
  4. セロリをさらに美味しくするには、切った後冷水に浸しておくとシャキッとします。

しかし、セロリ特有の香りや栄養素が水と一緒に流れてしまうので、水にさらすのは短時間にとどめましょう。

大根の切り方

大根は、ものによって長さや大きさが大きく異なりますから、食べる分だけ切って使います。

  1. 皮をむいて切ります。ここで食べやすい長さ(8~10㎝を目安に)切っておきましょう。
  2. 大根の野菜スティックの断面は、だいたい1㎝四方に揃えます。
  3. 縦に1㎝幅に切って行き、切った大根を重ね、さらに縦に1㎝幅に切ってください。
  4. 大根はものによって辛味が強い場合がありますから、切った後に水にさらして辛味を抜きましょう。

また、美味しい大根を買うのも大切なポイントですから、購入時手に取ってみて、ひげ根が少ないことを確認してください。

そして、ひげ根が縦に揃っているのも美味しい大根の条件になります。

カットしてある場合、断面部分を見て、穴が開いていないことを確認し、繊維がきめ細かく密集しているものを選びましょう。

きゅうりの切り方

  1. まずは、きゅうりを水洗いしてから、3等分に切り分けましょう。
  2. 切り分けたものを、縦半分に切り、それぞれをさらに3等分にして完成です。

種の部分が苦手な場合、細かく3等分にした後に取り除きましょう。

パプリカの切り方

  1. 他の野菜と同様に、まずは水洗いをしましょう。
  2. 縦半分に切ってから、ヘタの部分を取り除いてください。
  3. 半分に割ったものを、さらに縦に5、6等分に切って完成です。

縦に割った後、内側にある筋を取り除けば食べやすくなります。

パプリカの形状を活用した切り方としては、縦ではなく輪切りにするのもおすすめです。

飾りとしても利用できますし、食べやすさの点でも何ら問題ありません。

きれいに切り揃えたらソースでいただく

野菜スティックはそのまま食べても美味しく頂けますが、手作りソースでさらに野菜が美味しくなります。

野菜スティックは、コンビニでも販売されており、人気が高い理由はソースが美味しいことです。

自宅にある調味料で、簡単に作ることができるので、自分なりに色々試してみるのも良いでしょう。

おすすめのソースは、味噌とマヨネーズを混ぜ合わせた味噌マヨソースです。

それぞれ自分の好みで混ぜ合わせるだけで、野菜を美味しく食べられます。

-野菜人気

Copyright© 野菜.biz , 2020 All Rights Reserved.