野菜人気

野菜カレーの具 季節の野菜で家族が絶賛するカレー

更新日:

カレーに入れる定番野菜といえば、じゃがいも、タマネギ、にんじんですが、季節の野菜でカレーをアレンジすると、旬の野菜の美味しさがカレーとマッチしてとても新鮮です。春、夏、秋、冬、それぞれの季節のおいしい野菜を入れたカレーは、マンネリ化しつつある家庭のカレーライスをお店のカレーに大変身。また、意外と手間がかかるカレーの料理の手間と時間を時短にする早わざもご紹介しますので、おうちのカレーを大人から子供まで大満足のワンランク上のおしゃれで特別なメニューに変えてみませんか。

野菜カレーの人気の具材

カレーの具材に人気の野菜が気になる方は食の検索データ分析サービス「たべみる」の統計データ(2016年9月~2017年8月の、カレーとの組み合わせ検索頻度ランキングより)を見ると季節ごとの人気野菜がわかります。

春(3~5月):なす・ほうれん草・トマト・キャベツ

夏(6~8月):なす・トマト・ズッキーニ・オクラ・ゴーヤ

秋(9~11月):なす・トマト・かぼちゃ・さつまいも・大根

冬(12~2月):大根・ほうれん草・白菜・キャベツ・トマト

夏野菜カレー

カレーの野菜アレンジは、夏野菜からチャレンジしてみましょう。なす、トマト、ズッキーニ、パプリカなど色がカラフルな野菜が多いので、見た目が鮮やかにおいしそうに仕上がります。夏野菜の定番トマトを使うことで、コクと酸味がプラスされて、暑い時期にもさっぱりした味のカレーが楽しめます。

彩りカレー

なすやトマトは火が通りやすいので、見た目も野菜の食感も楽しみたいなら、ひと通り煮込んだ最後に加えます。食感の歯ごたえを楽しみたいズッキーニやパプリカは、素揚げしてトッピングするのもおすすめです。

とろとろカレー

なすやトマトはあまり煮込すぎるとクタクタになってしまいますが、煮込んだとろとろカレーには野菜の栄養がたっぷり溶け出しています。野菜を小さめに切ってトロトロに煮込めばお年寄りでも食べやすく、野菜が苦手なお子さんにもおすすめです。

オクラカレー・ゴーヤカレー

ほかにも夏野菜カレーの具として試してほしい野菜がたくさんありますが、オクラとゴーヤもカレーのトッピングとしてよく合います。素揚げをして添えるだけで、独特の食感と味を楽しめます。

春・秋・冬の野菜カレー

冬野菜カレー

あまり大根、白菜、カブはカレーに馴染のない野菜ですが、試してみるとカレーと相性がいいことがわかります。

冬野菜は煮込むとやわらかくなり、甘みが増してカレーにもよく合うのです。大根や白菜はまとめて調理しやすく、野菜自体は淡白な味わいなので濃い味付けと相性がいいのです。味もよくしみ込みます。こっくり冬野菜カレー、冬は定番になるおいしさです。

大根は1cm角に切って軽く下茹でをしてから、カブは半分にカット、大きさによっては丸ごと煮込みます。白菜のカレー白菜は約3 cm幅に切って煮込みますが、ひき肉との相性がいいのでお試しください。よく煮込むことで甘くてトロトロ冬野菜カレーができあがります。

キャベツカレー

冬から春のキャベツが美味しい時期にはキャベツのトロトロカレーはいかがですか。葉の部分はトロトロに、芯の部分は熱を加えると甘みが増して二通りの食感が楽しめます。切り方で食べ応えも変わります。ざく切りにすれば食べ応えがあります。

ひと通り煮込んだあとに加えればキャベツの食感が楽しめるカレーになります。キャベツは鶏肉や鶏ひき肉と合いますのでチキンカレーの時にお試しください。

ほうれん草カレー

カレー店では人気の、ほうれん草のカレーは軽く下茹でして、仕上げにトッピングすることで野菜の食感を楽しめます。ブロッコリーもほうれん草のように軽く茹でてから添えればきれいなグリーンが楽しめます。根野菜に火が通るのを待たなくて済む、葉もの野菜のカレーは忙しい夜におすすめです。

さつまいもカレー

さつまいもはじゃがいもと同じように切ってから水にさらして、ほかの野菜と一緒に炒めたあと、煮込みます。甘いお芋のカレーは子供たちからリクエストがくるおいしさです。

野菜ジュースカレー

カレーは簡単料理と思われがちですが、野菜を切って炒めて、煮込むという意外と手間と時急いで作ると野菜が固かったり、味が染みていなかったり、コクのないカレーになったりと失敗も多いものです。間がかかる料理です。

時間はないけどおいしいカレーが食べたい、そんなときは野菜ジュースを水の替わりに使ってみてください。まるでひと晩寝かせたようなコクのある、時短カレーができると話題です。

煮込んだ野菜の代わりに、野菜の旨みが凝縮されたジュースを使えば、あっという間に少し酸味のあるカレー屋さんの欧風カレーができあがります。いつものカレーに入れる水の3分の1くらいを野菜ジュースに代えてお好みで調整してください。

  • トマトジュースカレー
    水の代わりにトマトジュースを使ってみませんか。トマトの野菜ジュースならカレーの辛さを消さず、酸味のある上品でおいしいトマトカレーができます。暑い夏の食欲がない時でも、簡単にできて栄養もとれるのでおすすめです。ミニトマトを最後に入れると赤い色が引き立ちます。
  • 青汁カレー
    青汁は普通に飲むことが苦手でも、カレーにいれると独特の青臭さが気にならなくなり、いつものカレーと味は変わらなく美味しくて栄養満点です。
    入れる量により少しだけ色がグリーンになりますが、きちんとほかの野菜の香りを引き立てる、おいしい大人のカレーができあがります。

カレーの隠し味にケチャップやソースを使う方は多いかもしれませんが、入れる水のいくらかを野菜ジュースに代えるという大胆発想で、おいしい時短カレーができあがるのなら、野菜ジュースカレーを試さない理由が見つかりません。

うちの野菜カレー

定番カレーも、具材や調理法を変えてアレンジを簡単に楽しめます。暑い季節はトマトやズッキーニなどカラフルで食感のいい野菜を使い、さっぱりカレーに、寒い季節には大根や白菜をたっぷり煮込んで、カレースープ風にしてもいいでしょう。

栄養がたっぷりの季節ごとの旬の野菜は、煮込めば野菜のファイトケミカルパワーをまるごと体に取り込めます。

野菜を少し変えてみたら、いつものカレーがカラフルにおしゃれに変わります。カレーの幅が広がり、気軽なおもてなし料理としても最適ですし、野菜が苦手なお子さんも、大好きなカレーなら喜んで食べてくれるでしょう。いろいろトライして、おいしい「うちの野菜カレー」を作ってください。

-野菜人気

Copyright© 野菜.biz , 2020 All Rights Reserved.