野菜人気

春夏秋冬を味わう旬の野菜を美味しくいただくおすすめのレシピ

更新日:

日本は春夏秋冬の季節がありますが、その季節ごとに食べ頃を迎える野菜があります。

旬を迎えた野菜たちは、さらに美味しく、いつも以上に栄養価が高くなっているのが特徴です。

旬の野菜をさらに美味しく食べるための、簡単レシピをご紹介しましょう。

春に旬を迎える野菜を使った簡単レシピ

春が旬の野菜と言えば、アスパラガス、キャベツ、たけのこ、たまねぎ、にんじん、菜の花などがあります。

菜の花の煮浸しのレシピ

材料

  • 菜の花・・1束
  • 調味料・・だし汁1カップ半、白しょうゆ大さじ2杯、みりん大さじ2杯、砂糖大さじ1杯、塩小さじ1杯

作り方

菜の花を美味しくするには、固い茎の部分を切っておく必要があります。

  1. 鍋に水を入れて火を点けて、沸騰したら塩を一つまみ鍋に加え、菜の花を茹でます。
  2. この後に加熱した調味料に浸けますから、芯が柔らかいくなる程度に茹でましょう。
  3. 茹でたら、軽く水にさらして冷まし、しっかりと水気を切ってください。
  4. すべての調味料を鍋に入れて火を点けて、沸騰して来たところで菜の花を入れたら火を消します。
  5. 菜の花はそのままの状態で冷ましたら食べ頃になります。

食べやすい大きさに切り、お皿に盛り付けて、その上からかつお節をかけると美味しいです。

春キャベツと桜えびのパスタのレシピ

味のアクセントににんにくと鷹の爪を使って、ペペロンチーノにしてみましょう。

材料

  • 春キャベツ・・2枚分
  • 桜えび・・8~10g
  • パスタ・・200g
  • にんにく・・2片
  • 鷹の爪・・1/2本分
  • オリーブオイル・・大さじ2杯
  • 塩、ブラックペッパー・・適量

作り方

  1. 春キャベツは食べやすい大きさに切り、にんにくは1片をみじん切り、もう1片は薄くスライス、鷹の爪は輪切りにしましょう。
  2. 大き目の鍋にお湯を沸かして、パスタを塩ゆでにしますが、使用するパスタによってゆで時間が異なっています。
  3. その時間よりも1分早めに取り上げるのがポイントです。
  4. 1を準備している最中に、フライパンを弱火で加熱し、オリーブオイル、鷹の爪、にんにくを入れて炒めましょう。
  5. それぞれの香りを引き立たせる作業になりますが、材料が焦げ付かないよう、しっかりと混ぜながら炒めてください。
  6. 炒めている材料が色づいてきたら、パスタのゆで汁をお玉1杯フライパンに入れ、水分が無くなったら春キャベツと桜えびを入れて軽く炒めます。
  7. フライパンに茹で上がったパスタを入れ、ほかの材料とよく混ぜ合わせたら、塩とブラックペッパーで味付けをしたら完成です。

鷹の爪やにんにくが入っているので、味付けの際は塩やブラックペッパーは少なめに加え、味見をして調節しましょう。

夏に旬を迎える野菜を使った簡単レシピ

夏が旬の野菜は、オクラ、ゴーヤ、ししとう、トマト、ピーマン、きゅうりなどがあり、暑いい夏を乗り切るには欠かせません。

夏野菜いっぱいのキーマカレーのレシピ

たくさんの夏野菜を使って、美味しいキーマカレーが作れます。

使う野菜は、好みによって変えても良いですし、お気に入りの野菜を加えるのも良いでしょう。

材料

  • たまねぎ・・50g
  • なす・・30g
  • ズッキーニ・・30g
  • パプリカ・・30g
  • トマト・・小さめを1個
  • 生姜・・5g
  • 合いびき肉・・100g
  • 市販のカレールー・・30g
  • 水・・1カップ
  • サラダ油、塩、こしょうそれぞれ適量です。

作り方

  1. たまねぎ、にんにく、生姜は細かくみじん切りにし、この他の野菜は1cm角になるよう切りましょう。
  2. トマトは湯むきしてから切ってください。
  3. フライパンサラダ油を敷き、にんにくと生姜を入れて弱火で炒めて香りを引き出します。
  4. この中に合いびき肉を入れて色が付くまで炒め、たまねぎ、なす、ズッキーニ、パプリカの順に加えて炒めましょう。
  5. あらかじめ切っておいたトマトを半分加えて軽めに炒め、水を入れましょう。
  6. 沸いてきたら火を弱めて6分程度さらに煮ます。
  7. カレールー加えて溶かしたら、汁が少なくなるまで煮込み、残り半分のトマトを入れて軽目に煮てください。
  8. 最後に塩、こしょうを適量加えたら出来上がりです。

白ごはんにはもちろん合いますが、雑穀米にかけるのもおすすめです。

秋に旬を迎える野菜を使った簡単レシピ

秋に旬を迎える野菜は、なす、かぼちゃ、さつまいも、キノコ類などがあります。

かぼちゃの煮物のレシピ

かぼちゃを使った料理の定番レシピで、豊富なベータカロテンやビタミン類が含まれているので、免疫力を上げて風邪を予防しましょう。

材料

  • かぼちゃ・・1/4個
  • だし汁・・1カップと半分
  • 砂糖・・大さじ2杯と半分
  • 薄口しょうゆ・・大さじ1杯と1/3杯
  • 酒・・大さじ1杯

作り方

  1. かぼちゃの中身(種とわた)をきれいに取り除き、皮が付いた状態のまま、適度な大きさにくし切りし、さらに食べやすいサイズに切ります。
  2. 切ったかぼちゃ全部入る大きさの鍋を用意しておき、その中にかぼちゃとだし汁を入れてから火を点けましょう。
  3. 鍋の中身が沸いてきたら、砂糖、薄口しょうゆ、酒を加えたら落しフタをし、さらに中火で煮ましょう。
  4. かぼちゃが鍋に焦げ付かないよう火力を調節し、竹串を刺した時に身が柔らかくなったら、軽く煮て完成です。

冬に旬を迎える野菜を使った簡単レシピ

冬が旬の野菜には、白菜、大根、春菊、長ネギなどがあり、鍋料理に必要なものばかりです。

ブロッコリーとエビのオイスターソース炒めのレシピ

材料

  • ブロッコリー・・1個
  • 冷凍むきえび・・150g
  • にんにく・・1片
  • 塩、こしょう・・適量
  • ごま油・・小さじ2杯
  • 調味料・・鶏がらスープの素小さじ1杯
  • 酒大さじ2杯
  • オイスターソース大さじ1杯

作り方

  1. ブロッコリーは小さく切り分け、にんにくをみじん切りにしておきましょう。
  2. 冷凍むきえびを解凍したら水気を拭き取り、塩こしょうで下味を付けます。
  3. フライパンにごま油を入れてから温め、むきえびを軽めに炒めたら、にんにくを加えてさらに炒めたら、ブロッコリーを入れて炒めましょう。
  4. 火が通たら調味料を加え、塩こしょうをしたら軽く蒸し焼きにして完成です。

ブロッコリーの茎は余ってしまいますが、食べやすい大きさに薄切りし、軽く茹でてから一緒に炒めると無駄がありません。

房の部分よりも、茎の方が栄養素が多く含まれているので、どんどん食べた方が体にも良く、健康的です。

-野菜人気

Copyright© 野菜.biz , 2020 All Rights Reserved.