野菜人気

新鮮で美味しい野菜スティックをさらに美味しくする手作りソース

更新日:

野菜スティックは色々な野菜を使うことで、カラフルになり食卓を華やかにしてくれます。

使う野菜はもちろん新鮮な方が美味しいですが、より味を引き立たせてくれるのがソースであり、重要なアイテムです。

市販のソースも数多く販売されていますが、それらを利用するよりも、手作りした方が美味しく、料理の腕も上がります。

野菜スティックに合う美味しいソースに作り方をご紹介しますので、参考にしてみてください。

バーニャカウダと野菜スティックは別物

市販ソースの中で人気があるバーニャカウダはイタリア料理で、本来は寒い冬に食べる鍋料理です。

一般的に野菜スティックは、冷たいソースにつけて食べますが、バーニャカウダは温かい鍋の中のソースにつけて食べます。

野菜をソースにつけて食べる点は同じではあるものの、ソースの温度が異なっており、料理としては別物です。

バーニャカウダの基礎知識

本場のイタリアでは、アンチョビとにんにく、オリーブオイルを混ぜたものを鍋で温め、それに野菜をつけて食べます。

基本的には野菜ですが、肉や魚をつけて食べても美味しく、現地では残り汁を使ってスクランブルエッグにするようです。

使用する野菜は野菜スティックとあまり違いがありません。

野菜スティックに合うソースの作り方

ソース作のベースになるのが、味噌やマヨネーズですが、この2つを合わせただけでも立派なソースになります。

美味しいソースがあってこそ、野菜スティックを美味しく食べられますし、自分の好みでソースを作ってみるのも良いでしょう。

どんな料理でもソース作りは重要であり、色々とチャレンジすることで、料理も上達します。

 

味噌をベースにした野菜スティックのソース

スティック状にカットした野菜を味噌につけてしまえば、これだけで十分という方もいらっしゃるでしょう。

それでは単調な料理になってしまいますが、何かを追加すると全く新しい味噌ソースになります。

味噌プラスにんにくのやみつきソース

作り方にはコツや説明は不要で、ただ必要な調味料を混ぜ合わせるだけなので時間を取らせません。

お酒のおつまみにも最適で、仕事で帰宅が遅くても、これなら簡単に作れてすぐに食べられます。

材料は、合わせ味噌、ごま油、すりごまをそれぞれ大さじ1、醤油と砂糖を各大さじ半分、チューブタイプのおろしにんにく小さじ1/3です。

アクセントに一味唐辛子を加えると、ピリっとしてお酒が進みます。

材料を小さめの深皿か、ボウルに入れて混ぜ合わせるだけで完成です。

にんにくは目安ですから、物足りない場合にはお好みで増やしてください。

ねぎとにんにくの風味がたまらないねぎ味噌ソース

ねぎ+にんにく+味噌の組み合わせは、野菜スティックをさらに美味しくしてくれます。

炒めたねぎとにんにくは、食欲を刺激するほどの香りを漂わせ、お酒のつまみとしても最高です。

材料は、にんにく3片、万能ねぎ2~3本、合わせ味噌大さじ5、ごま油です。

作り方

  1. にんにくはみじん切り、万能ねぎは小口切りにします。
  2. 加熱したフライパンに、ごま油を大さじ3~4杯程度加えて弱火にし、刻んだにんにくを香りが出るまで炒めて行きます。
  3. 香りが出たら、強火にしてねぎを炒め、ねぎがしんなりとしてきたら火を弱め、焼き色が付くまで炒めましょう。
  4. 焼き色が付いたら味噌を入れ、良く混ぜてから火を止めて、ごま油を大さじ1杯回しかけて、さらに混ぜ合わせたら完成です。.子供も食べられる甘口味噌ソース

味噌にはちみつを加えると、野菜スティックに合う甘口のソースが作れます。

野菜が苦手な子供のために、野菜を美味しく食べさせる最適なソースです。

材料は合わせ味噌大さじ1、すりごま適量、はちみつをお好みの甘さになるまで加えます。

小さめの深皿を用意し、この中にすべての材料を入れて混ぜるだけです。

はちみつの量は、味見をしながら好みの甘さになるよう加減すると良いでしょう。

どんな野菜でも美味しく食べられるので、是非お試しください。

 

マヨネーズをベースにした野菜スティックのソース

野菜サラダにマヨネーズが欠かせないように、野菜とマヨネーズの相性の良さは言うまでもありません。

野菜スティックのソースには、マヨネーズを利用したレシピが多数あります。

野菜スティック向けソースNo.1味噌マヨディップソース

野菜スティックはコンビニでも販売されており、味噌とマヨネーズを組み合わせたソースが人気です。

味噌マヨは万人受けするソースであり、どんな野菜にも合うので野菜スティックには欠かせません。

コンビニの味を自宅で簡単に再現できるので、是非試してみましょう。

材料は、合わせ味噌大さじ半分、マヨネーズ大さじ2、醤油と砂糖は各小さじ1/4ずつと、牛乳を使用します。

作り方

  1. 小さめの深皿を用意し、その中に牛乳以外の材料を全て入れ、しっかりと混ぜ合わせましょう。
  2. 混ぜ終わったら牛乳を小さじ2加えて、よく馴染ませたら完成です。

牛乳の量は目安であり、好みで加減して構いませんが、多く入れてしまうと水っぽくなるので注意しましょう。

アクセントに七味唐辛子を加えると、さらに美味しくなります。

野菜スティックをどんどん食べたくなるわさびマヨソース

わさびとマヨネーズをただ混ぜるだけなのに、野菜スティックがとにかく美味しくなるので、やみつきになります。

わさびマヨソースの分量は、マヨネーズ大さじ2、すりごま小さじ1、チューブタイプのわさび適量です。

わさびを適量としたのは、人それぞれ辛味の感じ方が異なりますからであり、好みによって加減しましょう。

作り方は、全ての材料を混ぜ合わせるだけですから、この時に味見をして、ワサビの量を調整してください。

野菜スティックをタルタルソースで

タルタルソースを使うのは、エビフライやチキン南蛮だけではありません。

野菜スティック用のソースにしても美味しく、子供も喜んで野菜を食べてくれます。

家庭にあるもので簡単に作れるレシピをご紹介しましょう。

材料は玉子1個、たまねぎ1/4個、酢小さじ2、マヨネーズ大さじ4、塩少々です。

作り方

  1. たまねぎは細かくみじん切りにし、塩もみして10分ほど放置してから軽く水洗いし、キレイな布巾に移して水分をしっかりと絞っておきます。
  2. 1の作業をする間にゆでたまごを作っておき、ボウルに入れてつぶしておきましょう。
  3. 2のボウルの中に、1のたまねぎ、酢、塩、マヨネーズを加えて混ぜ合わせて完成です。

パセリの粉や、レモン汁、ワインを加えると香りが引き立ち、本格的なタルタルソースになります。

-野菜人気

Copyright© 野菜.biz , 2020 All Rights Reserved.