野菜人気

料理にお菓子に使える万能食材さつまいもは食物繊維とビタミンが豊富

更新日:

日本ではさつまいもの名前が一般的で、日本にしかないものと思われがちですが、原産地は南アメリカ大陸です。

だいたい17世紀頃に日本へ伝わり、戦後の貧しい時代は主食として重宝されました。

芋といえば焼酎ですが、食用としては使い方が色々あり、料理でもお菓子にしても甘くて美味しいです。

さつまいもの基本情報

さつまいもは甘藷と呼ばれたり、九州地方では一般的にカライモと呼ばれています。

国内では鹿児島県、宮崎県、茨城県、千葉県、徳島県が産地で、特に鹿児島県では全国の4割を占めるほどの生産量です。

近年ブームになった芋焼酎の原材料であり、食用、焼酎用に様々な品種が開発されています。

また、でんぷんを多く含むことから、春雨や水飴などの原料だけでなく、燃料としても注目される万能な野菜です。

さつまいもの栄養価

さつまいもに含まれる主な栄養価はビタミンCと食物繊維、カリウムで、品種によってはカロテンを多く含んでいます。

ビタミンCは熱に弱いとされており、加熱調理をすると失われてしまうので、体内に吸収出来ません。

しかし、さつまいもの場合、でんぷんが熱から守ってくれるので、加熱調理して食べるビタミンCをしっかり吸収出来ます。

食物繊維は便秘の解消に効果的で、野菜嫌いでもさつまいもなら食べるという子供に食べさせた食材です。

さつまいもの皮には栄養素がたくさん含まれている

焼き芋を食べる時には皮をむくという方が多いと思いますが、皮も一緒に食べた方が実は健康にも良いのです。

皮にはミネラル、食物繊維、カルシウムやビタミンが含まれており、生活習慣病の予防、脂肪燃焼効果、アンチエイジング効果、美肌効果が期待出来ます。

皮を食べた時に感じるに苦みはヤラピンが原因であり、これこそが食物繊維です。

皮まで食べたい時には、水に浸けて土をしっかりと落とし、スポンジを使って洗っても問題ありません。

さつまいもの下ごしらえ

洗い方は説明しましたが、さつまいもはアクが強いので、アク抜きの作業は必須です。

皮付きを食べる時には、洗って料理に合わせた大きさに切った後に、水に浸けてアク抜きをしましょう。

皮が不要な場合には、皮をむいたらすぐに水にさらさなければ、表面が変色してしまいます。

皮の有り無しに関わらず、アク抜きをする際には数回水を交換してください。

水に浸けておくと、白く濁って見えるのがアクであり、水を繰り返し交換していくうちに、水の濁りが無くなります。

アク抜きが終わったら、キッチンペーパーを使って水分をしっかりと拭き上げましょう。

さつまいもを使った料理のレシピ

さつまいもは、そのまま蒸したり焼いたりしても、ホクホク感が味わえて美味しいですが、少し手間を加えると、さらに美味しい料理やお菓子に変身します。

シンプルかつ美味しいさつまいもの天ぷら

さつまいもを使った料理の中でも一番シンプルで、鹿児島県ではガネと呼ばれており、古くから子供たちのおやつとして親しまれています。

必要な材料は、さつまいもと市販のてんぷら粉だけなので経済的です。

作り方

  1. 市販のてんぷら粉と水を合わせて衣を作っておきましょう。(冷えた水を使い、合わせたあとは冷蔵庫に保管しておくと、グルテンの発生を抑えられます。)
  2. さつまいもに付いている土をしかりと洗い、1~2㎝幅の輪切りにしてからアク抜きをしましょう。
  3. アク抜きしたら、表面の水分をキッチンペーパーで拭き取り、さつまいもにてんぷら粉を軽くまぶします。
  4. 油は160℃~170℃程度に熱しておき、さつまいもを揚げて行きましょう。
  5. きつね色に揚がったら竹串を刺し、中まで火が通っていれば出来上がりです。
  6. 鍋から上げたらしっかりと油を切ってから器に移してください。

そのまま食べても甘みとサクサク感が加わって美味しいですが、塩を付けて食べると甘みが引き立ってさらに美味しくなります。

さつまいもの定番は大学いも

さつまいもは秋が旬で、ホクホクに仕上がった大学いもはおやつに最適で、ついつい食べ過ぎてしまうほどです。

材料はさつまいも3本、黒ゴマ少々、調味料として砂糖大さじ5、醤油大さじ1、水大さじ2を使います。

作り方

  1. 1.洗ったさつまいもを食べやすい大きさに切り、アク抜きをしましょう。
  2. 終わったら水分をしっかりと拭き取ります。(水分が残っていると、揚げた時に油が弾けるので注意してください。)
  3. 170℃程度に熱した油にさつまいもを入れ、竹串が入る柔らかさになるまで揚げてください。
  4. 揚げる作業はこれで終わりにしても構いませんが、表面のカリカリ感を出すにはには二度揚げしましょう。
  5. さつまいもを鍋から一旦取り出し、数分後に再び油の中に入れて表面がカリっとなれば出来上がりです。
  6. フライパンに調味料を入れ、中火でとろみが出てくるまで加熱します。

それから揚げたさつまいもを入れ、しっかりと絡ませたら完成です。

器に移したら、黒ゴマを上からパラパラとかけましょう。

意外に合うさつまいもの炒め物

さつまいもは意外にも炒め物にしても美味しく、特に豚肉との相性は抜群です。

材料はさつまいも1本(150g)、豚肉(小間かバラ肉)100g、白ねぎ10㎝準備しましょう。

調味料は酒大さじ1、醤油大さじ1、砂糖小さじ1、塩少々で、事前に混ぜ合わせおきます。

作り方

  1. さつまいもを下ごしらえしたら、食べやすい大きさになるよう乱切りします。(炒める前に、レンジで加熱しておきましょう。)
  2. 豚肉は醤油と酒をそれぞれ小さじ半分使って下味をつけておきます。
  3. 白ねぎは斜めに1㎝幅に切りましょう。
  4. フライパンに油を引いて加熱し、白ねぎを軽く炒めてから豚肉を加えて、焼き色が付くまで炒めてください。

その後、さつまいもを加えて軽めに炒め、合わせておいた調味料を入れて具材全体に絡ませたら完成です。

甘くて美味しい簡単に作れるスイートポテト

さつまいもを使ったお菓子として人気があり、子供たちも喜んで食べてくれるスイートポテトの簡単な作り方をご紹介します。

材料はさつまいも400g、砂糖30g、バター40g、卵黄1個分で、スイートポテトが10個分の量です。

作り方

  1. さつまいもは皮を剥き、一口大程度に切り、水を入れた鍋に塩を加え、さつまいもを竹串が刺さるまで茹でます。
  2. バターはレンジで温めて溶かしておきましょう。
  3. 茹で上がったさつまいもをマッシャーなどで潰し、溶かしたバターと砂糖を加えてなめらかになるよう混ぜ合わせ行きます。
  4. オーブンレンジは180℃に予熱し、混ぜ合わせたさつまいもを小分けに形を整え、表面に溶いた卵黄を塗ります。(卵黄を塗ると照りが出ます。)
  5. オーブンレンジの機種にもよりますが、30分程度焼くと出来上がりです。

-野菜人気

Copyright© 野菜.biz , 2020 All Rights Reserved.