野菜人気

強い香りが食欲をそそるにんにくが与える効果と料理での利用方法

更新日:

ステーキと一緒に鉄板の上で焼かれているにんにくの香りは、何とも表現しがたいもので、とにかく食欲をそそります。

独特の強い香りがあるため、女性はエチケットの面から敬遠しがちですが、肉料理には欠かせない食材です。

近年は、パワーの源として、にんにくを使ったサプリや健康食品が多く販売されています。

にんにくが私たちに与える効果や、料理での使い方についてご紹介しましょう。

にんにくの基本情報

にんにくはヒガンバナ科に属しており、古くから元気が出る食材として利用されてきました。

にんにくは球根の部分だけでなく、茎の部分もにんにくの芽としてスーパーの野菜コーナーに並んでいます。

かなり強い独特の香りがあるので、好みがあるものの、香味野菜として和食だけでなく、中国、イタリア料理などには欠かせない存在です。

日本国内での生産地は8割が青森県で、世界で見ると中国が全世界の8割を生産しています。

栽培は比較的簡単で、パセリや万能ねぎなどと同じくプランターでの栽培が可能です。

にんにくの栄養素と効果について

にんにくに含まれているアリシンは、にんにく独特の強烈な香りの原因ではあるものの、古くから滋養強壮に用いられています。

アリシンはビタミンB1の吸収を高める役割があり、疲労回復にも効果的です。

他にも、新陳代謝の活性化、高血圧や心筋梗塞などの生活習慣病の予防、がんの予防にも効果があるとされています。

しかし、にんにくの効果については未だに研究されており、人体に与えるパワーは未知数です。

また、にんにくの芽にはカロテンや食物繊維、ビタミンCが多く含まれており、球根と違って香りも強くありません。

ビタミンCが多いので、風邪をひきやすい方にはおすすめです。

にんにくのデメリット

にんにくは香りが強烈だけあって、食べたことが原因で体臭や口臭も強くなってしまいます。

にんにくの品種の中には、無臭にんにくと呼ばれるものも販売されていますが、体臭の原因となる酵素は含まれるので要注意です。

にんにくは、においだけでなく辛味も強く、生のにんにくをたくさん食べると胃腸にまで刺激が行き渡り、胃腸障害を起こす可能性があります。

そして、あまり知られていませんが、にんにくアレルギーを持つ人もおり、嘔吐、めまい、重症化すると呼吸困難になるので非常に危険です。

にんにくを食べた後に、体調に変化が現れたら、にんにくを食べるのは避けましょう。

にんにくの鮮度を見極める方法

お店に並んでいるにんにくは皮をかぶっているので、鮮度を見極めるのが難しいと思うものです。

しかし、皮を見ただけで鮮度の見極めが可能ですから、少しでも美味しいにんにくを選びましょう。

にんにくを手に取ってみて、皮に筋が無く、張りがあってツヤツヤとしていると鮮度が良い証拠です。

逆に皮に筋があって、ツヤが無いものは鮮度が落ちていますから、避けましょう。

また、美味しいにんにくの特徴には、にんにくの1片1片がしっかりと茎に付いている、それぞれに隙間が無いことが挙げられます。

にんにくは風通しの良い場所で保管する

一度にたくさんのにんにくをもらったりしても、簡単に消費できるものではありません。

皮が付いたままの場合、ネットやかごに入れ、風通しが良くて、涼しい場所に保管しましょう。

湿気が多いとカビが発生しやすく、使う前に傷んでしまいますから、キッチンや日陰の風通しがある場所に吊るすと良いでしょう。

にんにくを漬け込んで保存してみよう

量が多くて、どうしても消化できない場合には、にんにくを醤油に漬け込んでしまいましょう。

漬けたにんにくをそのまま食べても美味しいですし、漬け汁はにんにくの香りが付き、調味料としても使えるので一石二鳥です。

にんにくの醤油漬け

にんにくと醤油だけで作る、大変シンプルなものですが、味と風味は抜群です。

分量はにんにく1個と醤油100㎖で、にんにくは皮を向いて、身の下側は固いので切り落としましょう。

きれいに消毒した瓶やタッパーなどの容器に、にんにくと醤油を入れ、2週間程度冷蔵庫で保管すると出来上がりです。

身はそのまま食べても良いですし、刻んで刺身と一緒に、または炒め物として使いましょう。

にんにくのオイル漬け

にんにくとオリーブオイルを使ってオイル漬けにすると、パスタのソースやドレッシングに活用できます。

にんにくの健康効果は解説した通りですが、オリーブオイルもコレステロール値の低下や便秘改善に効果的です。

この2つのアイテムを組み合わせると、食欲を刺激する香りがたまりませんが、体にも良いので是非作ってみましょう。

材料はにんにく、オリーブオイル適量と、これらを保存するガラス瓶が必要です。

仕込む前に、ガラス瓶を熱湯で煮沸消毒しなければいけません。

真新しいものでも、雑菌が付着している可能性があるので、除菌のために消毒が必要なのです。

煮沸消毒は約10分行い、自然に乾燥させて水気を完全に飛ばしてしまいましょう。

作り方

  1. にんにくをバラして皮をむいてから、根の固い部分を切り落とします。
  2. にんにくを切らずに瓶に入れるよりも、スライスや刻んだりするとオイルが身の中までしみ込み、より香りが強くなります。
  3. にんにくを瓶に詰め、にんにくがあふれないようにオリーブオイルを流し込んでフタをしてください。

これで完成ですが、保存は常温で構いませんが、定期的にフタを緩めて、ガス抜きをしましょう。

 

美味しいにんにくホイル焼き

敬遠されがちなにんにくですが、ホイル焼きにすると香ばしく、お酒のつまみにも最適です。

とにかく調理方法が簡単なので、是非トライしてみましょう。

作り方

  1. にんにくは薄皮までむき、身を半分に切りましょう。
  2. これをそのままホイルで焼くよりも、一度レンジで軽く加熱しておけば調理時間を短縮できます。
  3. にんにくを皿に載せて1分ほど加熱しましょう。
  4. アルミホイルを二枚重ねにし、深皿の形状にしておき、にんにくとオリーブオイルをにんにくが浸かるくらい入れてください。
  5. オーブントースターで約10分加熱して、にんにくが色付いていたら完成です。

オリーブオイルの代わりに、ごま油を使っても美味しく頂けます。

本当に美味しく、いくらでも食べられますが、食べすぎには注意しましょう。

-野菜人気

Copyright© 野菜.biz , 2020 All Rights Reserved.