野菜人気

低カロリーでヘルシー美味しいダイエットに最適な野菜スープ

更新日:

食事をしてダイエットができれば苦労はしませんが、野菜スープならそれを実現できる可能性があります。

カロリーが低い野菜をたくさん使い、脂分の多い高カロリーな物をできるだけ使わなければ良いのです。

さらには糖質が少ないものを入れることで、夜食にすることもできて、太りにくい体作りにもなります。

野菜スープは栄養素が豊富で低カロリー

野菜スープは、コーンスープなどのように乳製品を一切使いませんから、肉を入れない限り脂質はほとんど含まれません。

切った野菜を鍋でコトコト煮込み、具材もスープも食べることで栄養素を一切逃さず摂取できます。

野菜にはビタミン類やミネラルが多く含まれていますから、健康な体作りには欠かせない食材です。

低カロリーの野菜スープが脂肪を燃やす

脂肪燃焼スープとして注目を浴びたのが、病院で手術を受ける際、体重を適正な量まで減らすために利用される食事があります。

1週間この野菜スープが主食で、炭水化物をほとんど摂取しません。

材料はキャベツ、セロリ、ピーマン、たまねぎ、ホールトマトの缶詰だけで、味付けはコンソメ、塩こしょうで行います。

朝も昼も夜も、お腹が空いたら野菜スープを好きなだけ食べて良いのですが、健康な食生活を送る人には美味しいとは言えません。

しかし、効果は非常に高く、1週間で5k、10k痩せたという声が聞かれています。

1週間とは言え、続けるのは大変ですが、短期間で効果を上げたい、ダイエットに集中できる時間がある方におすすめです。

低カロリーの野菜スープに必要な野菜はこれ

食べやすくて美味しい、さらに低カロリーの野菜スープに適している野菜をご紹介しましょう。

  • キャベツ
  • 白菜
  • たまねぎ
  • セロリ
  • トマト
  • 豆苗
  • 小松菜
  • にんじん
  • 大根
  • ねぎ
  • しょうが

低カロリーのキノコ類も忘れずに

食物繊維は豊富で低カロリー、優良な食材であるキノコ類も野菜スープにはかかせません。

しいたけ、舞茸、しめじ、エリンギ、なめこを野菜スープの材料としてつかうと、キノコのうま味が広がり、食べやすくなります。

たくさん食べれば、便通が良くなる効果がありますから、便秘がちな女性には特におすすめの食材です。

高カロリーな根菜類に要注意

同じ野菜でも、根菜類は糖質も多くカロリーが多いため、健康を意識した野菜スープにはできるだけ使わない方が良いでしょう。

サツマイモ、ジャガイモ、かぼちゃは栄養価が高いのですが、高カロリーなのが欠点です。

どうしても使いたい場合には、量を控えめにしてください。

野菜スープのカロリーを抑えるポイント

野菜スープのカロリーを低くするには、具材や味付けにも気を遣う必要があります。

野菜だけではどうしても物足りなさがありますし、具材に肉を加える、味付けが濃くならないようしなければいけません。

野菜のうま味が味付けになる

野菜スープを煮ていると、野菜本来のうま味や甘みが出てくるので、使用する調味料を減らしましょう。

味が濃すぎると体にも良くありませんし、逆に食欲が増してしまいます。

塩こしょうを軽く加えて、うま味を引き立てる感じで味付けをするのが、低カロリー野菜スープ作りのポイントです。

肉を使うなら鶏肉がおすすめ

痩せるために、野菜だけを食べ続けるのもストレスになってしまい、逆に太ってしまう原因になります。

それを防ぐ意味でも、肉を使った野菜スープを作ってみましょう。

豚肉や鶏肉を入れると、うま味が増して美味しいですが、気になるのがカロリーです。

豚バラ肉や、鶏もも肉の皮は特にカロリーが高いため、できれば避けたいところですが、下ごしらえ次第で改善できます。

豚肉は茹でることで脂分が溶け出てきますから、一度軽く茹でてからスープに入れると良いでしょう。

この場合、豚のうま味が低減してしまいますが、カロリーは下がります。

鶏もも肉は皮を取り除けば問題ありませんが、低脂肪高タンパク質の鶏むね肉がおすすめです。

低カロリー野菜スープのおすすめレシピ

今ダイエットをしている、またはこれから始めようと考えてる方に、食べやすくて美味しい野菜スープのレシピをご紹介します。

痩せるためには、とにかく継続しなければいけませんから、毎日飲んでも飽きないような工夫も必要です。

野菜だけでなく、肉を効果的に使うとタンパク質を摂取できて、筋肉が付きやすくなります。

野菜をたくさん食べる和風野菜スープ

材料

  • 白ネギ・・1/2本
  • 豆苗・・1/8袋分
  • しめじ・・1/3株分
  • にんじん、大根・・各3㎝
  • 白菜・・葉2枚
  • 水・・4カップ
  • だしの素・・大さじ2杯
  • 塩・・適量

作り方

  1. しめじは細かく裂き、にんじん、大根はイチョウ切りに、ネギや豆苗は食べやすい大きさに切りましょう。
  2. 鍋に水とだしの素を入れて沸かし、この中に豆苗以外の野菜をすべて入れて煮てください。
  3. 煮立ったら、にんじんや大根にしっかり火が通っているのを確認し、塩を加えて味を調えます。
  4. 完成したら器に移し、その上に豆苗をのせて召し上がりましょう。

ゆずの皮やレモン汁を加えると、さわやかな香りが広がって一味違う野菜スープを味わえます。

キノコをたくさん使った低カロリー味噌汁

葉物に白菜を使い、エリンギ、椎茸、舞茸、なめこがメインのキノコ汁です。

食物繊維が豊富で、非常にヘルシーですから、毎朝1杯飲んで体を温めましょう。

使用する味噌の量を減らすと、塩分が減少るるのでさらにヘルシーです。

材料(3人前)

  • 白菜・・葉2枚分
  • 椎茸・・2枚
  • 舞茸・・2/3株
  • エリンギ・・1本
  • なめこ・・1袋

調味料

  • 水・・500ml
  • 和風の顆粒だし・・小さじ1杯
  • 味噌・・大さじ2~3杯程度

作り方

  1. 白菜は2㎝厚に切り、水洗いしてから水気を落としておきます。
  2. 椎茸は薄切り、舞茸は食べやすい大きさに割き、エリンギは縦に薄く切りましょう。
  3. キノコ類を洗うと、栄養素が水と一緒に流れ出てしまいますから、洗わずそのまま使ってください。
  4. 鍋に水と顆粒だしを入れ、この中になめこ以外のキノコを全部入れてから、火を点けて煮ましょう。
  5. 沸いてきて、キノコ類や白菜がしんなりとなったら、一旦火を止めて味噌を入れてください。
  6. まずは少量加えて、味を見てから足していく感じで味付けをします。
  7. また火を点けて加熱し、ここでなめこを加えて沸いて来たら完成です。

-野菜人気

Copyright© 野菜.biz , 2020 All Rights Reserved.