Just another WordPress site

野菜.biz

野菜資格

野菜のおすすめ資格5選!資格別にメリットや活かせる仕事も徹底解説!

投稿日:

野菜の資格をそれぞれ解説!

昨今では、生活習慣病が蔓延し健康に対しての意識が高まっています。そのため、健康系の資格は大人気で、特に正しい食生活をする事で健康を取り戻せるという考え方が広まってきており、食べ物に関する資格が脚光を浴びています。

その中でも、普段から口にする野菜について知識を身につけたいという方が多いです。

そこで、おすすめの野菜の資格を5つご紹介いたします。資格ごとにメリットや仕事についても解説していきますので、是非ご覧ください。

 

オーガニック野菜アドバイザー

オーガニック野菜のアドバイザーとして、旬の野菜や産地はもちろん、栄養素や活用方法等さまざまなことを身につけたことを証明する資格です。

この資格は、日本安全食料料理協会という協会が主催しています。初心者からでも挑戦できる資格ですので、基礎知識を身につけたい人や活用方法の幅を広げたいという人におすすめです。

取得までの流れは、インターネットで申し込みをし、自宅に受験票と認定試験が届いたら試験を解き、提出期間内に提出します。その後合否発表が郵送で送られてきます。

試験は7割以上で合格です。テキスト販売は行っていませんが、通信講座もあるので、そちらで勉強をしてから挑戦することをお勧めします。

料金は、10000円と比較的安価で受けることができるので、挑戦しやすい資格だと思います。

こちらの試験は自宅で出来ます。試験会場まで足を運ぶ必要が無いところも人気の理由です。

 

この資格を取るメリットは野菜に関する基礎的な知識から身につくということです。

野菜の保存方法や活用方法、レシピなど生活していく中で必ず活かせることが身についているという証明ですので、必ず役に立つと思います。

春の野菜から冬の野菜まで幅広い種類の野菜の知識を有しているという証明ですので、年中旬の野菜を活用して生活することができます。

 

この資格は名前の通り、アドバイザーとして活躍することができます。

旬の野菜の産地だけでなく、野菜を食していく中で、気になる栄養素、保存方法、レシピも身につけることができる資格です。

そのような知識を身につけたいという生徒さんを募集して、自宅やカルチャースクールなどで講師活動をされる方もいらっしゃいます。

初心者でも簡単に取得できる資格ですので、新たな一歩として挑戦してみる価値があると思います。

 

野菜栽培士

野菜栽培士として旬の野菜の育て方や栄養素などの知識があるという証明となる資格です。

この資格は、日本インストラクター技術協会が主催している資格です。こちらもオーガニック野菜アドバイザーと同様初心者からでも挑戦しやすい資格です。

料金も10000円とかなり格安で受験することができ、さらに、自宅での受験表と試験が送られてくるので、受験会場に行かなくでも受験ができます。

試験は、7割以上で合格となっています。テキスト販売はありませんが、通信講座があるのでそちらで学ぶことをお勧めします。

また、こちらの通信教育は、オーガニック野菜アドバイザーと野菜栽培士の2つについて学べる講座ですので、とてもおすすめです。

2つ学習して2つの試験に挑戦しても20000円ですので、他の資格に比べるととてもお得です。

この資格は野菜の育て方や栄養素を身につけたという証明になる資格です。

オーガニック野菜を好み、自分で栽培する人も少なくありません。

 

この資格のメリットは初心者でも挑戦しやすい野菜の栽培から、難しい野菜の栽培方法まで幅広く身につけることができるということです。そのため、野菜についてより深く理解できる資格です。

自分で作った野菜は買うよりも断然美味しく感じるはずです。

趣味の一環としてはもちろん、本格的に野菜を育てたい、栄養素を学びたいという人も必ず役に立つ資格だと思います。

資格自体も初心者から学べるものですので、どんな人でも挑戦しやすい資格です。

 

野菜栽培士は栄養素や野菜ごとに合う食材に関する知識を身につける事ができ、春から冬までの野菜の知識を学べるので年中野菜を楽しむことができます。

その知識を活かして資格取得後は野菜栽培士として活躍することができます。

一般的な野菜に関する職種はもちろん、自宅やカルチャースクールなどで講師として教えていくことも可能な資格です。

こちらの資格も、初心者から挑戦できる資格なので、どんな人でも受けてみる価値があり、お勧めです。

 

野菜コーディネーター

この資格は、野菜の基本知識や選び方だけでなく、栄養素を最大限に引き出すレシピや調理方法を学べる実践的な野菜に関する資格になります。

一般社団法人ホールフード協会が開催していて、オンラインで簡単に受講することができます。目安の受講から取得までの期間は、約4ヶ月で通信制になります。

資格取得方法は、全課題を提出し、全てで70点以上を取ることとレポートで評価B以上をてれば合格です。

料金は36000円で、分割払いもできるので受講のハードルはかなり低いのも特徴の一つです。

 

この資格取るメリットは、一般的な野菜だけでなく、西洋ハーブや山菜など普段食卓では並ばないような野菜の知識も得ることができます。

また目的別の栄養に着目したレシピも学べるため、ダイエットや疲労回復に適切な野菜料理を作ることができます。

さらに「ベジブロス」という普段なら捨ててしまうような野菜の皮や根っこを使った調理法も体験、学習できるためより栄養価の高い食事を取れるようになります。

資格の難易度も価格も野菜ソムリエより低いので、初めて野菜に関する資格を取る方や、もっと栄養価の高い料理を紹介していきたい方にオススメな資格です。

 

野菜コーディネーターの資格を取得すると主に飲食関係の仕事に就くことができます。具体的にいうと飲食店のレシピ開発やスーパーの販売スタッフです。

またこの資格学習の目玉である「ベジブロス」の知識を活かして、それを広める講師セミナーをすることができます。

これに加えて食育関係の仕事でも活躍することができます。例えば、子供の好き嫌いをなくす活動や野菜の重要性を具体的に伝える活動をすることができます。

大手メーカーというよりは、食育促進運動やセミナーが主なフィールドですので、フリーランスとして働きたい方にオススメです。

 

野菜ソムリエ

野菜ソムリエは、野菜とくだものの知識を幅広く知り、それを活かして野菜の魅力を広める専門家です。

この資格は、日本野菜ソムリエ協会という一般社会法人が開催しているもので、野菜ソムリエ、野菜ソムリエプロ、野菜ソムリエ上級プロの三つの資格に分かれています。

初めは、一般的な野菜ソムリエから受講し、もっと知識を深めたい方は他の2つも挑戦してみることをお勧めしています。

取得までの流れは、オンラインで講座申し込みをして7科目の講座を受けていただきます(1科目2時間程度)。その後マークシート式の課題を提出して合否が決まります。

試験内容は、7科目のうち4科目から出され500点中、350点を取れば合格になります。

また講座の受講方法はさまざまで、通学制や通信制があるため時間がない方でも隙間時間で勉強する事ができます。

料金は、148000円で試験まで受けることができます。試験会場は、全国で開かれているため、自分の家から近い会場をチェックしましょう。

 

野菜ソムリエの最大のメリットは、その専門性の高さと知名度の高さです。

野菜に関する資格に比べて、知識量が多いです。

特に健康的な食生活とは何なのかということや野菜の正しい調理方法などが学べます。

 

資格取得は1番困難ですが、取得した頃には幅広い職種で活躍することができます。

例えば食品業界の商品開発やセミナーの講師などです。大手に勤めることもフリーランスとして働くことも可能な資格です。特に大手食品メーカーなどに就職、転職したい方にオススメしています。

教えるのが好きな方は、セミナー講師や料理教室を開くこともできます。また作るという点でも活躍できるため、農業や商品開発といったエリアでも働くことができます。

その知識の幅広さからフードライターアナウンサー、飲食店やスーパーの販売員として働くこともできます。

また一つ上のランクである野菜ソムリエプロを取得すれば、野菜ソムリエとして独立することもできます。ここからは、フリーランスとして本の出版や人気が出ればメディアの出演も可能です。

最高ランクである野菜ソムリエ上級プロを取得できれば、企業したり開業したりすることが可能になります。また食関係のイベントの総合プロデューサーにもなれる為、野菜のプロとして活動して将来を考えている方にお勧めの資格です。

 

ベジタブル&フルーツアドバイザー

この資格は、野菜とくだものの知識を得ながら、美容や健康に特化しているものになります。また、取得後の資格の活かし方も学べるため、総合力の高い資格と言えます。

日本能力開発推進協会が開催していて、キャリアカレッジという資格取得サイトから受講することが可能です。

特徴の一つが申し込みから試験まで全てオンラインで行えることです。

しかも試験自体もいつでも受けることができます。そのため、家事で忙しい主婦の方に人気の資格です。

また講座料金は別途でかかりますが、試験費用はたったの5600円とかなりリーズナブルです。合格基準は、70点以上になります。

 

この資格のメリットは、野菜の調理方法や基礎知識を学ぶだけでなく、野菜やフルーツの魅力の伝え方や資格を取得した後の活動方法やノウハウも学べる事です。

メーカーに就職したいというよりもフリーランスとして活動していきたい方にオススメの資格です。

また下ごしらえや保存方法といった生活に直結するような実践的知識を得ることができます。

さらに意外と知ることのできない食べ合わせも勉強できるのは、魅力の一つです。

ほかの資格より美容に特化した野菜の取り方を学べるため、女性特に主婦の方に大人気です。

こちらも野菜コーディネーターの資格と同様に、試験難易度と値段が安いので資格取得障壁は、かなり低いです。

 

こちらの資格も他の資格と同様な仕事をすることができます。

また特徴としては、この資格を取った後でこの資格取得のアドバイザーとして働くことができるので、資格を取った後働く自信がない方にもお勧めしています。

食べあわせや目的別の野菜の摂取方法を学べる資格なので、その知識を活かして料理教室を開いたりプロの料理人といて活躍したりしている方もいらっしゃいます。

 

まとめ

いかがでしょうか。お勧めの資格を5つご紹介してきました。

野菜の資格といっても、それぞれ学べる内容や活かせることは変わってきます。

自分に必要な資格を見極めて挑戦してみましょう。

-野菜資格

Copyright© 野菜.biz , 2019 All Rights Reserved.